銀行カードローンに申し込みをするときにどんな書類が必要なの?

専業主婦のあなたが銀行カードローンに申し込むときに、収入証明書は不要です。ですが、他に用意しなければならない書類があります。必要なものをきちんと用意してから、申し込みをするようにしましょう。

専業主婦は身分証明書の提出が必要!

専業主婦が銀行カードローンの申し込みの際に必ず提出しなければならないものに、身分証明書があります。 具体的には運転免許証や健康保険証、パスポートで、外国籍の専業主婦の場合は特別永住者証明書または在留カードとなり、すべて有効期限内であることが前提です。  

審査の通りやすさでいうと運転免許証が一番で、健康保険証なら表面だけでなく住所の記載のある裏面も、パスポートなら名前・住所・電話番号が明記されていなければなりません。

また、銀行によっては住民基本台帳カードが身分証明書になることもあります。転勤や引っ越して、運転免許証や健康保険証の住所変更ができていない場合には、そのままでは審査は通りません。印鑑証明書あるいは住民票の写しか、公共料金の領収書を添付しなければならないので、注意が必要です。

身分証明書はどうやって提出するの?

インターネットで銀行カードローンの申し込みをする場合には、スマートフォンのカメラで書類を撮影し、画像を添付して申し込むことができます。  

ただし画像が不鮮明だったり、すべての情報がきちんと写るサイズで撮影されていなかったり、画面が暗いあるいは明るすぎて文字情報が読み取れない場合などには、再提出を求められます。  

電話で申し込みをする際には、契約書とともに身分証明書のコピーをFAXで送るように指示されることが多いようです。 郵送で申し込む場合には、コピーをとって申込書類に貼りましょう。

専業主婦の利用限度額内で申し込もう!

銀行カードローンは、無収入である専業主婦に対して、利用限度額を設けているものです。例をあげてみると、みずほ銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行カードローン版クイックなら30万円まで、イオン銀行カードローンBIGや楽天スーパーローン、セブン銀行カードローンなら50万円が上限とされています。  

新生銀行カードローンレイクや東京スター銀行カードローンは制限がないとされていますが、実際には他行とのバランスもあり30~50万であることが多いようです。 保証会社がどこなのかもきちんとリサーチし、自分の他社の借入状況も考えながら、申込額を決定しましょう。

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ