夫に知られずに銀行カードローンを申し込むことはできるの?

キャッシングの理由が家計のやりくりのためであったとしても、夫に自分がカードローンの申し込みをすることを、夫に知られたくないという専業主婦は多いはずです。  
そんなときに安心なのが「銀行カードローン」です!

銀行カードローンは専業主婦でも申し込みができる!

2010年の貸金業法改正以降、専業主婦は消費者金融でキャッシングを申し込むことができなくなりました。 消費者金融やクレジットカードについているキャッシング枠は、総量規制の対象です。  

そのため、収入がある本人の年収の3分の1までしか借り入れることができませんし、専業主婦は申し込みをしても審査に通ることはありません。  

ですが、銀行カードローンは夫に安定収入があれば、専業主婦でも申し込みができます。ただし、借入金額は生活費の中から返済可能な額により、10~300万円までと個人差があります。そして、消費者金融や信販会社一社から50万円を超える借り入れをする、あるいは他社と合わせて100万円以上の借り入れをする場合には、源泉徴収票や給与明細書、課税証明書などの収入証明書の提出が、貸金業法で義務付けられています。  

ですが銀行カードローンは総量規制外ですので、貸金業法に縛られないため、収入証明書の提出が不要なのです。

銀行カードローンの申し込みには同意書が不要!

合わせて銀行カードローンは、稼いでいる夫の同意書を必要としません。  

そのため、夫に知られずに申し込むことができるのです。  
審査の対象も夫ではなく、あくまでも申し込みした専業主婦本人が対象です。銀行カードローンの審査が通って借り入れしたとしても、夫の信用情報に履歴が登録されることはありません。専業主婦ですし、生活費の中から支払いができる範囲に利用額は制限されますが、銀行カードローンなら低金利で、家計を圧迫しない借り入れが可能です。消費者金融よりも、知名度が高い銀行カードローンの方が安心感がありますよね。

とはいえ、契約書の取り交わしやローンカードを受け取るときに、郵便物が届くのを懸念する専業主婦の方もいることでしょう。そうした場合にも銀行の封筒で届くので、勝手に開封されなければ、借り入れが知られることはありません。 それでも不安な場合は、銀行の窓口や自動契約機で申し込みをするという方法もあります。 低金利で専業主婦でも借り入れ可能な銀行カードローンを活用して、いざというときの出費ややりくりに役立ててくださいね!

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ