今月は家計がピンチで返済が難しい!そんなときの対処法は?

家計をやりくりすれば返済できると思っていたのに、銀行カードローンの返済の目途がたたず、途方にくれている専業主婦の方に伝えたいことがあります。
それは、そのまま手をこまねいていると、事態は悪化の一途をたどるということです。そこで、家計がピンチで支払いに困った時の対処法について説明します。

返済するお金がゼロなのか、一部なら返済できるのかを確認する

専業主婦のあなたが銀行カードローンの借り入れをするときには、きちんと返済計画をたてていたことでしょう。ですが、日常生活には不測の事態が起こり、出費を余儀なくされることもあります。  

もし銀行カードローンの返済日までに全額を用意できない見通しがたったら、まず一部返済ができるのか、まったく用意できないのかを確認しましょう。

また、返済日より後に入金の予定がある時には、いつごろ、どれくらいの入金が見込めるのかも確かめておいてください。

返済期日前に銀行に電話を入れよう!

夫に内緒で銀行カードローンの借り入れをしている専業主婦の方は、自宅に督促が届かないように手を打つ必要があります。  まず、返済の目途を自分なりに試算して、返済日より前に銀行に電話をしてください。  

返済額全額を用意はできなくても、いくらかは入金が可能な場合は、銀行の担当者にその旨を伝えるのです。事前に電話をしておくことで、とりあえず利息分を入金すれば、元金は払わなくてよいと言ってもらえる銀行もあります。ただし、次回には遅れた元金も合わせて支払うことを約束し、必ず実践してください。  

また返済日には間に合わなくても、その後に入金の予定があって支払いができる場合には、いつまでに全額入金できるかを伝えます。その際、遅延損害金が加算されますが、それもきちんと支払いましょう。銀行カードローンの場合は、決められた返済期日以外に、口座振替を行うこともあります。それ以前に振り込める場合には、早めに振り込んでおきましょう。

追加借り入れは絶対に避けよう!

銀行カードローンの借り入れが夫にバレないように、返済日前に追加融資の申し込みをする専業主婦も少なくないようです。  

ですが追加融資が受けられても、月々の返済額が増えるだけですし、借金を借金で返しても、問題の解決にはなりません。

安易な気持ちで追加借り入れをすることで、後でもっと家計が苦しくなる可能性もあるのです。まずは銀行に電話して、誠意をもって支払う方法を相談しましょう。

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ