専業主婦の私がカードローンを利用していたら住宅ローンには通らない?

家計のやりくりのために、夫に内緒で借りた銀行カードローンが、住宅ローンの審査に影響する可能性があることを知っていますか?  
専業主婦が銀行カードローンを借りている場合、その他のローンにどう影響するのかについて、説明しましょう。

専業主婦のカードローンが住宅ローンの審査に影響するケース

銀行が用意しているローンには、用途や担保、返済期限が明確な住宅ローンやマイカーローンと、無担保・保証人なしで借り入れ可能なカードローンがあります。 専業主婦が利用できるのは、後者の銀行カードローンだけです。 夫に内緒で銀行カードローンの借り入れをして、返済途中に住宅購入の話が持ち上がったときには、住宅ローンの審査に影響があるのではないかと、専業主婦のあなたはヤキモキするかもしれません。

もし住宅ローンを夫婦連名で申し込む場合には、専業主婦のあなたが借りたカーロドーンを完済していないと、審査が通らない可能性があります。 この場合は、あなたが借りている銀行カードローンを一括返済するか、住宅ローンを組む銀行を変えなければなりません。 その時点で、夫に銀行カードローンの借り入れがバレる可能性が高いです。

住宅ローンの名義が100%夫名義の場合はどうなる?

ですが、自分がカードローンを借り入れている銀行でも、住宅ローンの審査を通す方法があります。それは、住宅ローンの名義を100%夫にすることです。夫名義で住宅ローンを申し込む際には、信用情報機関に個人情報を照会されるのは、夫だけです。  

ただし、銀行カードローンの返済が滞るなどの理由で、妻がブラックリストに載っている場合は、夫に問題がなくても住宅ローンの審査は下りない可能性があります。

銀行カードローンは契約解消しない限り住宅ローンに影響する

専業主婦のあなたが過去に銀行カードローンの借り入れを行い、すでに完済したとしても、住宅ローンの審査に影響を与えることもあります。これはいまは借り入れがなくても、手元にキャッシング用のカードを持っているだけで、審査の際に利用限度額まで借り入れしているとみなされるからです。  

住宅ローンの審査では返済能力を、ローンの返済比率で確認します。ローンの返済比率は、年間合計返済額を年収で割って算出しますが、この年間合計返済額に住宅ローンではなく、専業主婦のあなたが持っているカードローンの借り入れ可能額による返済額が加算されてしまうのです。必要がない銀行カードローンの契約は解約しておきましょう。

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ