仮審査が通ったのに本審査に落ちる…。どんなことがあるの?

専業主婦が銀行カードローンの申し込みをして、仮審査が通ったというメールや電話があって安心していたのに、本審査が通らず借り入れができないことがあります。それは、仮審査と本審査の内容が違うからです。  
そこで、銀行カードローンの審査を通すために必要なことを説明しておきます。

仮審査と本審査は何が違うの?

専業主婦に限らず、銀行カードローンに申し込んだときには、必ず審査を受けることになります。そしてこの審査には、仮審査と本審査があります。  仮審査は、申込時に記入した基本項目について、機械が自動的に審査します。申込者である専業主婦の年齢や家族構成、夫の年収、勤務状況などを点数化してジャッジすることで、ある程度までふるいにかけるのです。  

仮審査が通れば、本審査に進みます。ここでは、銀行の審査専門の担当者だけでなく、保証会社も審査を行います。自宅や携帯電話での在籍確認を行う他、申込者の個人信用情報を照会し、申し込みに虚偽の内容が含まれていないか、過去に金融事故を起こしていないか、他社での借り入れと返済の状況などを調べます。

本審査で落ちる理由にはどんなものがあるの?

専業主婦のあなたが本審査で落ちてしまった理由は、いくつか考えられます。  
まず、他社から複数の借り入れがあることです。返済が滞っていなくても、ヒアリングした収入金額では自社への返済が難しいと判断した場合は、融資を断ります。  

そして結婚前を含めて、過去に消費者金融や信販会社で金融事故を起こしていた場合です。信用情報機関への金融事故の登録には既定の年数があり、それを経過すれば履歴は消えます。ですが、保証会社である消費者金融や信販会社には、独自のブラックリストが残されており、過去に債務整理や過払い金の請求を行った人は審査で落とすのです。  

専業主婦のあなたが、もし過去に金融事故を起こしている場合は、保証会社を確認してから申し込む必要があります。

専業主婦が銀行カードローンを申し込むときに守るべきことは?

専業主婦のあなたが、申し込んだ銀行カードローンの審査を通したいなら、守るべきことがいくつかあります。 申込時に虚偽の申告をしないこと、自分の情報は正確に伝えること、電話で問い合わせがあったときに出られる状態にしておくこと、他社の借り入れや返済遅延がないようにすることです。  

こうした基本を守り、保証会社のリサーチも行った上で、銀行カードローンを申し込んでください。

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ