専業主婦でも追加の借り入れや借り換えはできるの?

専業主婦の銀行カードローンの利用上限額は、大抵30~50万円に設定されています。ですが、追加で借り入れを行いたい、クレジットカードの支払いも含めて借り換えをして、月々の返済額を下げたいと思う専業主婦の方もいることでしょう。  

では、銀行カードローンで専業主婦が追加借り入れや借り換えができるのかを説明しましょう。

専業主婦には追加借り入れが可能?可能な場合の条件は?

銀行カードローンはある程度の期間、順調に返済を行って信用ができると、利用限度額があがる傾向があります。これは、利用者が専業主婦であっても同じです。  

もし、自分が申し込んでいる銀行カードローンの利用限度額をあげたいと考えているなら、まず銀行に問い合わせてみましょう。ただし、誰もが無条件で利用限度額を増額してもらえるわけではありません。利用実績がよい利用者に限られます。銀行カードローンにおける利用実績とは、ある程度の期間カードローンを利用していて、返済も遅れずにきちんと行われていることです。銀行によって、3カ月の利用実績があれば増額できるところもあれば、6カ月以上の利用実績があっても通らないこともあります。  

もし、銀行カードローンの利用限度額を上げておきたいと考えているなら、毎月の返済をきちんとすることに加え、新たな借入をしない期間を数カ月設けてみましょう。

専業主婦には借り換えの申し込みができないって本当?

専業主婦が銀行カードローンだけでなく、家族名義になっている夫のクレジットカードでの返済に追われるようになると、借り換えを検討したくなるはずです。  

借り換えはおまとめローンとも呼ばれ、複数の借り入れを一本化することで、金利や返済額を下げられるというメリットがあります。ですが、専業主婦はこの借り換えローンの申し込みをしても、審査が通ることはほとんどありません。それは、借り換えのためのおまとめローンの申込条件を、就業していて一定収入がある人に限定している銀行が多いからです。  

とはいえ、専業主婦の利用限度額は30~50万円であることが多いので、10万円借りている銀行が複数ある場合は、銀行カードローンの借り換えができる可能性があります。その場合も、銀行カードローンの借り入れが2社ならば審査が通っても、3社になると通らない可能性がアップします。

銀行カードローンは、いざという時に専業主婦の味方になってくれます。ですが、返済計画をきちんとたてておかないと、自分の首を絞めるかもしれないので注意が必要です。

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ