どんな人がカードローンを利用しているの?

今までキャッシングを利用したことのない人は、借金や怖い取り立てといったイメージから、カードローンでの借り入れをためらっているかもしれません。でも今は、カードローンは安全にお金を借りられる一般的なサービスとして広く利用されている時代。 ここでは、どのような人がカードローンを利用しているのかを見てみましょう。

どんな人がカードローンを利用しているの?

キャッシングの利用者は、全国で約1500万人といわれています。日本の人口が1億2000万人で、そのうち未成年者を除くと、成人のうち10人に1~2人はキャッシングを利用していることになります。知り合いが10人いたら、1人か2人は利用していることになるので、かなりメジャーなサービスだといえますね!

利用目的は娯楽・交際費が半数。生活費と答えた人は約4割

ある金融機関の調査によると、娯楽や交際費、あるいは生活費に充てるためにカードローンを利用する人がほとんどでした。また、利用したことのある人のうち、約3割はカードローンを定期的に利用しています。

借入額を見ると、6割以上の人が10万円未満と少額です。金額が少なければ返済もラクなので、足りない分だけ借りて賢く利用していることがうかがえます。 また、定期的にカードローンを利用している人のうち6割以上が世帯年収800万円以上で、高収入世帯にもカードローンが普及している模様。カードローンは収入が低くて困っている人が借りるもの、というイメージがあるかもしれませんが、現実にはよりよい暮らしや趣味のために、高収入であっても必要な分だけ借りる場合が多いようです。 銀行カードローンは、毎月安定した収入のある会社員や、小さなお子さんがいる専業主婦などに人気があり、幅広く利用されています♪

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ