専業主婦でも借りられるカードローン

女性1収入がないと借り入れできないと思っていませんか?

お金を使いすぎてしまって、今月ピンチ…なんて時も夫に話せない。
だけど、食事の買い物や生活用品なんかも買わなくちゃいけないし…

そんな時にお金を借りれるところがあれば安心だと思いませんか?

さぁ!あなたもカードローンを活用して賢くお金のやりくりしましょう♪

目次

専業主婦でも借りられるのは「銀行カードローン」だけ


●少額・短期で銀行カードローンを利用する専業主婦が増えています

実は、大手金融機関のデータによると、カードローンの利用者は全国で約1200万人。

未成年人口を除くと、10人に1人以上はカードローンを利用していることになります。

中でも20~30代が全体の7割以上を占め、若い人を中心にカードローンを利用する人が増えているんです。

利用目的は生活費の補てんが約42%、娯楽や交際費が約48%。ほとんどの人が生活費の補てんや交際費などのために利用しています。

10万円以下の少額を、無利息期間などを利用して短期で借りているのも特徴的。限度額内で必要なときに何度でも借りられる手軽さも魅力です。

みんなカードローンの便利なサービスを、賢く使って上手にやりくりしているのですね!

●専業主婦が利用できるキャッシングは銀行カードローンだけ

2010年に貸金業法が改正になり、総量規制が導入されました。 総量規制とは、消費者金融は利用者に対し、年収の3分の1を超える貸し付けをしてはいけないというルールです。

 

それまでの消費者金融は、夫に一定の収入があれば専業主婦にも貸し付けをしていましたが、貸金業法改正後はほぼ審査が通らなくなりました。

だけど、銀行カードローンは消費者金融とは違って総量規制の対象にはなっていないので、借り入れの際に配偶者である夫の同意も必要としません。

初回の利用限度額は10~50万円としているところが多いようです。家計がピンチなとき、専業主婦がかしこく使っているカードローン。悪いイメージのある消費者金融会社と異なり、銀行ならではの安心感もありますね。

なぜ専業主婦でも銀行カードローンなら借りれるのかという件について


前述のとおり、専業主婦は収入なしですが、銀行カードローンなら利用することができます。

そのため、専業主婦自体に収入がなくても世帯として年収があるのであれば、カードローンを利用することができるのです。

銀行カードローンは銀行の商品です!

銀行系といえばフリーのカードローンがありますが、実はそれ以外にも目的別ローンの商品もあります。

これはフリーのカードローンと違い使い道が特定の目的に限定されていて、たとえば教育やブライダル、旅行に住宅など資金使途が明確になっています。

自動車ローンだと主に自動車の購入や買い替えが目的で、新車や中古でも利用できたり新車だと中古より金利が低くなるなど色々あります。

銀行の目的別ローンだと使途を確認するために資金使途証明書の提出や、相手先への直接入金などが条件になっています。

フリーローンよりも審査基準が厳しかったり結果が出るまでに時間がかかったりと簡単に借入が出来ませんが、フリーローンやカードローンと比べると更に金利が低めです。

主婦にも負担が軽い!カードローンの金利と返済額


●金利が低く、安心して借りられる

消費者金融と比較して金利が低いのも、銀行系のカードローンをおすすめする理由のひとつ。通常のカードローンの平均金利は18%程度のところが、15%以下の金利で借りられる場合が多く、収入のない専業主婦にとっては心強い存在です。

例えば、 15%の金利で5万円を、1か月間借りた場合の利息は、
5万円×15%÷365日×30日=616円となります。

ただし2カ月借りた場合は倍の1232円となり、同じ額を借りても負担が増えることになります。可能であれば繰り上げ返済をするなどして、なるべく早く返したほうが断然オトク。 家計のやりくりをよく考えて融資を受け、無理のない返済計画を立てましょう。

●上限金利を見て決めると安心
金利についてはほとんどの場合、3.8%~17%というように、下限金利と上限金利が表示されています。

金利を左右する要素は、借入限度額やその業者との取引実績、一時的なキャンペーンなどさまざま。

キャンペーンの対象外であったりして、自分に下限金利が適用されるとは限りません。

下限金利の低さだけを見て決めてしまった場合、自分にその金利が当てはまらず返済計画が狂ってしまうおそれがありますので、上限金利のほうを見て決めると安心です。

●専業主婦でも無理なく返せる!毎月の返済額
各銀行によって、借入残高に対して月々の最低返済額を設定しています。

例えば10万円を借りた場合は、平均1500円~3000円ほどと少額。

余裕があれば繰り上げて返済することもできます。これなら収入のない専業主婦でも無理なく返せますね^^

銀行カードローンならこんなに便利♪

専業主婦に対応した銀行カードローンは、キャッシュカードのように手軽に借りることができます。

最近は銀行カードローンは旦那の許可を必要とするものもありますが、許可不要で申し込みできるタイプもあります。

専業主婦は30万円以内の融資になることが多いですが、無理なく返済できる金額と考えると妥当なところでしょう。

銀行カードローンはWEB申し込みが可能であり、WEBだけで契約完結できるタイプもたくさんあります。

そのため即日融資も可能であり、消費者金融と同様にすぐにお金を用意したい方にもおすすめです。

さらに金利が低いので、高額を借りたい方ほど消費者金融より銀行カードローンを選ぶメリットが大きいと言えます。

専業主婦でも借りられる銀行カードローンの申し込みから借り入れの手順


専業主婦でも借りられる銀行カードローンの申し込みから借入の手順はとっても簡単♪

申し込みをした後に審査があり、それに通れば契約をして借り入れが出来ます。

申し込む方法はいくつかあって一番簡単なのがインターネットです。 スマホからでも可能で24時間365日好きなときに申し込めます。

また電話でもフリーダイヤルで無料で申し込めますが、平日だと大体21時~22時まで、土日だと夕方までや休みだったりするので注意が必要です。

郵送でも可能な会社もあって申込書をダウンロードしたり、郵送や銀行ATMの横に置いてあったりしますが、投稿してから銀行に届くまで時間がかかります。

他には自動契約機があります。 これは無人契約機や、テレビ窓口とも呼ばれるもので申し込みから契約手続きまで可能です。

中は無人でタッチパネルを操作して質問があるときは電話で問い合わせも出来ます。 銀行によっては店頭で申し込めるところもあります。

専業主婦でも銀行系カードローンなら契約が出来ますが、申込書類の記入ミスなどには注意! 先に口座などを作っておくとスムーズになります。

銀行カードローンならこんなに便利♪

カードローンには必ず審査があり、申し込みの際に条件を満たしていないと審査で落とされてしまいます。

基本的に安定した収入がある方だけなのですが、収入がない専業主婦でも銀行カードローンなら借り入れをすることができます。

即日融資を希望する場合は普通預金口座を持っていることが条件となっている所もあるので、事前に審査の条件を確認しておきましょう。

口座を持っていないと即日融資が不可のところがほとんどとなるため、普通預金口座を持っていなければ、申し込みと同時に口座の開設を行います。

他の会社からの借り入れが多い場合は、申し込みできない銀行もあるので、完済してからのお申込みがベストとなります。

カードローンで借りた後の返済は計画的に!

専業主婦の人で銀行のカードローンを利用している人は、ライフスタイルにあった返済方法を選ぶ必要があります。

小さなお子様のおられるご家庭では、専用ATMなどに行く手間を省くために、銀行口座から自動引き落としを利用すると大変便利です。

専業主婦は家事や育児で忙しい人が多いですが、銀行などの金融機関に行く時間がない人は、延滞の可能性があるので、返済日に自動引き落としを利用すると、預金残高があると延滞の心配はほとんどありません。

カードローンは、専用ATMなどでも返済が可能になっていますが、行く手間を減らしたい人は、金融機関の窓口で手続きをしておくと、支払日に金融機関に足を運ぶ必要がなく、安心できます。

カードローンの返済方法は選べるタイプもあります♪


専業主婦でも借りられるカードローンの返済方法は会社によって利用したい返済方法が選べたり、決まっていることがあります。

口座振替は返済額を口座から引き落とす方法で、申し込んだときに必ず申し込み銀行の口座が必要なカードローンに多くて毎月決まった日に指定口座から自動で引き落としになります。
手数料無料ですが残高不足だと返済が出来ません。

専業主婦のカードローンの返済には銀行ATMやコンビニ提携ATMもあります。

これは自社と提携があり、自社だと手数料無料だったり1000円以下の硬貨も使用できます。 提携だとたくさんの金融機関に対応していますが手数料がかかることもあり、硬貨は返済出来ません。

銀行振込は返済用の指定口座があるのでその口座に振り込みますが手数料がかかります。

他にもあってネットバンキングやテレホンバンキングを使って返済が可能です。 パソコンやスマホでも返済が出来るので便利で、口座によっては手数料がかかりません。

あと消費者金融だと多い店頭窓口での返済もあります。 これは銀行系だと少ないです。

専業主婦がカードローンで借りる時のポイント♪

●うっかりの支払い漏れを防いでくれる自動融資サービス
銀行カードローンには自動融資という、銀行特有のうれしいサービスがあります。 一般の家庭には、水道やガス、電気代、電話料金といった公共料金やクレジットカードの引き落とし口座があると思います。本来は、引き落とし決済日までに口座に必要な金額を入金しなければなりませんが、うっかり忘れたり、用意ができないこともあるでしょう。

口座の残高不足で引き落としができないとき、カードローンから不足分を自動的に口座に入金してもらえるのが、自動融資のサービスです。

特にクレジットカードの支払いが滞るとブラックリストに載ってしまうおそれがあるので、支払い漏れを防いでもらえるのはありがたいサービスです。

●引き出し&融資が一度にできる便利な自動貸越サービス
自動貸越とは、口座から必要な額を引き出す際にその口座の残高が足りない場合、不足分を自動で融資してもらえるサービスです。

例えば口座から5万円を引き出したいのに残高が2万円しかない場合、不足分の3万円をカードローンからの借入として自動で貸し付けしてもらえます。これにより、新たにカードローンで3万円を借りる手間が省けるのでとても便利です。

主婦にうれしいこれらのサービス。どちらも限度額の範囲内で補われますが、借りていることを自覚しておかないと、知らないうちに借入額が膨らんでしまうおそれもあるので気を付けましょう。

●コンビニなどの提携ATMなら手数料無料。返済も自由にできる

銀行カードローンはコンビニエンスストアと提携しているところがほとんどなので、気軽に引き出しや返済ができます。

その際のATM利用手数料を無料にしているところが多いのも、大きなメリット。家計を預かる主婦にうれしい、隠れたメリットがいっぱいなのです。

厳選!おすすめの銀行カードローンベスト3


低金利・無利息期間付きなど、お得なサービスが充実した銀行カードローンを徹底比較しました!

じぶん銀行

じぶん銀行
コンビニにもある提携ATMなら手数料0円
10万円借りても月々の返済額は1000円から!
実店舗を持たないぶん、年2.2%~17.5%の低金利で安心
auユーザーには特別金利(1.7~17.4%)も用意されています
他社からの借り換えやおまとめもOK!

詳細はこちら

静岡銀行カードローン
[セレカ]


30分のスピード審査で即日融資!すべてインターネットで完結
年4.0~14.5%の低金利で初心者でも安心。利息のキャッシュバックもあります
全国にあるセブン銀行ATM、しずぎんATMなら時間外手数料も無料
24時間ネットバンキングで取引可能
10万円以下の借入なら、月々の返済額は2000円
50万円借りても、月々の返済額は8000円です

詳細はこちら

新生銀行
カードローンレイク


30日間無利息、5万円までなら180日間無利息!
インターネットで24時間いつでも申し込める
平日14時までの申し込みで即日借入が可能
年4.5~18.0%。金利が低い
全国のレイクATM・提携ATMで借入。返済の手数料も無料

詳細はこちら

専業主婦のカードローン利用は誰にもばれません♪

専業主婦の場合は、総量規制が適用されない銀行のカードローンが利用できます。

家族や知り合いにバレないようにするには、配偶者の勤務先に在籍確認の必要ない所を選ぶといいでしょう。

銀行側でも内緒で借り入れをしたい専業主婦の方に配慮して、家族が出かけている際に本人確認の連絡を入れる所も多いです。

また、自宅の固定電話でなく、本人名義の携帯電話やスマートフォン宛てに電話をかけることも了承してもらえることがあります。

ローンカードは銀行名で送付されるので、借り入れをしたことが分かりにくいですし、カードローンの明細も郵送されずに、スマートフォンに対応したカードローンの利用者専用画面から確認するシステムが用意されていることもあります。

銀行側では女性専用問い合わせ先のコールセンターを設置している所もありますので、カードローンの利用について心配なことが事前の確認も可能ですよ!

担当者も女性であることが多く、気軽に問い合わせられるでしょう。

WEBでのカードローン申し込みなら旦那にばれずに借りれちゃう♪


専業主婦でもWEBからカードローンを申し込むことができ、旦那に内緒でお金を借りることが可能です。

専業主婦であっても、簡単な手続きだけで審査に通るカードローンはいくつかあります。

旦那の同意書提出不要で利用できるカードローンもあり、このようなものを選ぶとスムーズに利用できます。

WEBで新たにカードを作る場合には自宅へ郵送されてきますが、普段の買い物などに利用するカードと見た目は同じなので、もしも旦那に見られてもキャッシングを利用していることはわかりません。

カードを作った後は、手続きはすべてWEBで完了するため、請求書などが郵送されてくる心配もありません。

特に銀行系のカードローンは、個人信用情報への影響なしで利用できます。

専業主婦がカードローンを使うときも旦那の会社へ確認なし♪

専業主婦は自分の収入がありませんので、カードローンを使う時の審査で旦那の会社へ在籍確認が行われるのではないかと不安に思う方もいるはずです。

しかし、専業主婦ができているということは、どのようなカードローン会社であっても旦那の勤務先へ連絡いかないのが基本です。

ただし、なんの確認も行われないわけではありません。 カードローン会社からは申し込み時に記入した内容が正しいのかどうかや間違いがないのかなどの問い合わせが行われます。

この時の問い合わせは基本的に自分の携帯にかかってくるようになっていますので、自宅の電話に知らない間にかかってきてしまうようなことはありません。

スマホで簡単申し込み。家族にも内緒で借りられる

専業主婦の人の中には、同居する家族や夫にバレずに借りたい人も多いはず。そんな場合はいくつかの点に気を付ければ、カードローンを利用していることを内緒にしておくことができます!

●夫の携帯や会社に連絡されることはない
契約内容を第三者に伝えることは違法にあたるため、業者から旦那さんに契約内容の連絡をすることは基本的にはありません。

収入のない専業主婦が借りられる借入限度額は10~50万円です。

申し込み確認等は、妻本人の携帯や自宅の固定電話での確認になることがほとんどです。

もし心配な場合は、配偶者の会社に在籍確認をするのかどうか、申し込みの際に事前に質問して確認しておくと良いでしょう。

●家族にバレる理由の9割はローン会社からの郵便物
在籍確認の電話以外で家族にバレてしまうのは、契約書や明細書などの郵便物が見つかってしまうケース。

カードローンを申し込んで審査が通ると、後日に契約書やローンカードなどが自宅に送られてきます。

封筒には「カードローン」といった言葉は書かれず銀行名で届くのでバレにくいのですが、それでも郵便物が家族の目に触れたくないという人には、三通りの方法があります。

①自宅で受け取る場合は時間を指定して、必ず自分で受け取る
自宅に送られてくる郵便物は、時間指定ができる場合があります。

必ず家にいる日時を指定しておき自分で受け取れば、家族の目に触れずに済みます。

家にいることが多い主婦であれば、この方法も可能です。申し込み時に時間指定できるかどうか確認してみましょう。

②契約書・カードは窓口か自動契約機で受け取る
窓口か自動契約機で手続きをして、発行された契約書とローンカードをその場で受け取れば、郵便物が発生しません。

そのままその場で引き出せるので、すぐにお金が必要なときにも便利な方法です。

③すでに持っているキャッシュカードにローン機能を加える
すでに普通預金口座とキャッシュカードを持っている場合、そのキャッシュカードにローン機能を追加できる場合があります。

ローン機能を追加したらその場で借り入れができるので、とっても手軽。

ただ、銀行名が書かれた契約書類が後から郵送されてくるので、その郵便物を見られないように気を付けましょう。

●知り合いに見られたくない場合
自動契約機や店舗にいるところを、知り合いに見られたくないという人もいるでしょう。

その場合はネットで契約+振込融資が便利です。これなら店舗やATMに全く行かなくても自分の口座に振り込んでもらえるので安心です。

カードローンの明細書もWEB明細に切り替え可能♪


専業主婦が旦那や家族にバレないようにカードローンでお金を借りたい場合は、いくつかのことに注意する必要があります。

最近はインターネットで申し込み手続きが完結できるようになっているので、申し込む段階で家族にバレる心配は少ないのですが、業者から自宅に電話や郵便物が来た場合、バレるおそれが高くなります。

また、一見便利に思える無人契約機も、利用するところを周囲の人に見られた場合にバレてしまいますので、ビル内の契約機を選ぶなどの工夫が必要です。

専業主婦がカードローンを利用する時、利用明細が郵送で送られてくるのを避けるためにはWEB明細を活用することをおすすめしますが、利用条件を満たしていなかった場合などは、ネット申し込み後に自動契約機でカード発行しましょう。

カードローンのカード発行なしの場合もあり!


ほとんどの金融機関で必ず発行されますが、カードローン専用のカードの発行をしないところもあります。

たとえば、インターネットなどを使ったカードローンであれば、会員番号だけで取引が可能です。
その場合はローン専用カードが必要なくなります。

また銀行によっては既存のキャッシュカードにローン機能を付帯することができます。
そのような場合、必ずカードローン専用のカードが発行されるわけではありません。

契約をするときによく確認をしておきましょう。

専業主婦になると、いろんな制約があることでカードローン選びも苦労することが多いですが、銀行を選択することによって借りられる可能性が高まります。

専業主婦にとって利用しやすい金融機関もありますので、よく選ぶことが大切です。

専業主婦の銀行カードローン Q&A

専業主婦でも借りられる銀行カードローンについて、よくある質問をまとめてみました!

即日で借りられるところがほとんど

その日に申し込めば、即日で融資を受けられる場合がほとんどです。申し込んだ順に審査されるので、まずはWEBで申し込みだけでも済ませておきましょう。

利用者が増えたことで、カードローンは利用する人にとって有利な形に進化してきました。

今のカードローンは審査に何日もかかるということはほとんどなく、申込みからカードの発行まで40分という銀行もあります。

9時~21時まで審査可能な銀行が多いですが、即日融資を希望するなら、契約手続きを14時30分までに済ませておくと安心です。

すぐに必要なくても、1枚持っておくと慌てずにすむので便利です。

申し込んだら、必ず借りないといけない?

申し込みをしてローンカードを作り口座開設したからといって、必ずお金を借りないといけないということはありません。

いざというとき、もしものときのためにあれば心強いので、作って持っておくと安心できます。

専業主婦のあなたにぴったりのカードローン選びは?


専業主婦としてカードローンの審査に申し込む場合は、審査の厳しさをチェックしてから行いましょう。

ホームページなどで専業主婦を歓迎している金融機関であることを確認できれば、所定の手続きを完了するだけで通る可能性が高いです。

総量規制の対象外となる銀行のカードローンであれば、専業主婦でも審査に通りやすいですが、返済能力を考慮して少額の融資限度額となるケースが多いです。

金融機関によって専業主婦の扱いが大きく異なるので、公式情報を十分にチェックした上で、審査申し込みをするところを決めるのがベターです。

同じ専業主婦でもカードローンの利用枠が違うのはなぜ?

専業主婦であってもカードローンの利用枠が違うことがありますが、その理由としては信用が高い人とそうでない人の違いがあります。

カードローンは借りたい人の信用によって貸し付けることできる金額が変わるわけであり、専業主婦でもクレヒスなどがある人に関してはそれだけ信用が高くなるということになります。

そして、カードローンというのはカードのキャッシングよりも信用が必要になってくるので、利用枠が変わってきます。

信用というのは本人だけでなく、配偶者の年収なども影響してくるものであり本人の収入がなくても、配偶者の年収が多ければ信用は高くなりますし、逆に配偶者の年収が少なければ信用の低くなり借り入れることができる金額も変わります。

専業主婦がパートを始めるとカードローンの借り入れ限度額は変わりますか?


専業主婦がアルバイトやパートを始めると、「本人に収入ができる」という変化が起こります。

カードローン契約をするためは「本人に安定収入がある」ということが条件ですが、専業主婦の場合は「配偶者貸付」を利用することで借り入れができる状態になっています。

しかし、本人に収入ができたというとは「改めて本人の収入に合わせて契約し直す」ということになる可能性があります。

世帯収入が上がることで借り入れ上限が上がる可能性もありますが、カードローン会社によっては再審査によって「主婦本人の年収に合わせて上限金額が下がる」という可能性もあります。

毎月5万円以下の収入では上限が下がる可能性が高いですが、10万円程度の収入を得られるようであれば変わらないか、むしろ上がる可能性もあります。

専業主婦でもカードローン利用ができる配偶者貸付ってなに?

消費者金融のカードローンは、貸金業法の適用を受ける商品であるため、個人が借りられるお金の上限は年収の3分の1までと制限されます。

したがって、収入がゼロである人は当然カードローンを利用することができませんが、専業主婦に限り配偶者貸付と呼ばれる制度を適用すればカードローン利用が可能になります。

配偶者貸付は、貸金業者が申込者本人から通常のカードローン申込時の必要書類に加えて、
配偶者からの同意書、婚姻関係を証明できる書類、配偶者の収入を証明できる書類の3点の提出を受けられれば、借入残高が申込者本人と配偶者の年収の合計の3分の1を超えない範囲で、
例外として貸し付けても良いという制度です。

消費者金融の中にはこの制度を利用して専業主婦からの申し込みを受け付けている会社があり、
旦那の同意を得たことを示す文書、旦那の源泉徴収票、住民票や戸籍個人事項証明書などの婚姻関係についての記載がある書類を提出すれば、

審査を経てカードローンを利用できるようになります。

専業主婦ならどちらで借りる?!銀行カードローンと消費者金融

専業主婦とは原則として仕事をしていない主婦を指しますから、返済は配偶者の収入に頼ることになります。

そのため専業主婦には、消費者金融より金利が低い銀行カードローンをおすすめします。

消費者金融のカードローンよりも3%以上も金利が低いものが多いので、非常にお得に借りることができるのです。

即日対応してくれることが多いので、融資までのスピードもノンバンクと変わりありません。

銀行カードローンは審査が厳しいと言われていますが、実際はそれほどでもありません。

昔は消費者金融のカードローンよりも審査ハードルはずっと高いものでしたが、今は大差のないレベルとなっています。

貸金業法が改正されて、ノンバンク系業者のグレーゾーン金利が廃止されたことが大きいようです。

きちんとチェック!銀行カードローンのデメリット

銀行カードローンは消費者金融より金利が低いですし、専業主婦に対応したものが多いです。

そうした意味では非常にメリットが大きいですが、審査が厳しいというデメリットもあります。

専業主婦に対応するなど融資対象者に関しては消費者金融より幅広いのですが、同額の借入をする場合は審査通過率が低くなるのです。

そのため他社からまとまった金額を借りている、他社借入件数が2件を超えている、といった状況では消費者金融のカードローンのほうが利用しやすいと言えます。

融資限度額については、総量規制対象外となる銀行カードローンのほうが高額に対応してくれる場合が多いです。

年収の3分の1を超えた借入も可能なので、すでに消費者金融から借入できない方に適していると言えます。

銀行カードローンを申し込む際の注意点


信用情報機関に延滞情報があれば、審査が通りにくくなる場合があります。

そういった事故の登録がなく、他社の借り入れがあっても返済は遅れていないのに、特定の保証会社の審査に通らない人もいます。

これは、保証会社が独自に保有している信用情報に問題があるときに起こります。

結婚前も含めて、過去に債務整理の経験があったり、返済はしたものの大きく返済が遅れて迷惑をかけた場合や、過払い請求をしたことがあれば、その記録を社内ブラックとして保有していることがあるのです。

また、一度に複数の会社に同時申し込みをすると、審査が通りにくくなることも覚えておきましょう。

専業主婦が借りるための条件と審査

●夫に収入があり、妻自身の身分証明書が出せることが条件
総量規制がある消費者金融とは違い、自分が無収入の専業主婦でも申し込みができる銀行カードローン。

専業主婦が申し込むための最低条件は、夫が安定した職業につき定収入があることと、自分の身分証明書(免許証・パスポート・住民票・健康保険証など)を提示できることです。

●年齢は若いほど有利
年齢が高いほうが収入が安定しているように思われがちですが、病気や会社の倒産などのリスクもあります。

それに対して若い人は会社を辞めても転職先に困らないことが多く、病気になるリスクなども低いため、カードローンの審査では20~30代の若い人のほうが評価が高く有利になります。

ただ、銀行は金利が低いぶん、消費者金融より審査がやや厳しめ。書類関係の不備などがないように気を付けましょう。

怖い取り立てはあるの?


万が一返済が遅れた場合は、取り立てを受けることになります。

しかし、イメージにあるような怖い取り立ては、漫画やドラマの中だけの話。

今は法律で厳しく規制されていることもあり、追いつめられるような厳しい取り立てはありません。

一般的には期日までに返済が行われない場合、数日以内に携帯や自宅への電話や、自宅への書類送付などが行われます。

電話内容は、利用者本人であることを確認したうえで、返済予定日など事務的なことの確認です。

そこで怒鳴られたりすることはありませんし、質問や相談がある場合は応じてもらえます。 怖がらずにきちんと対応すれば大丈夫ですが、1日でも返済が遅れる場合は、自分から連絡するようにしましょうね。

専業主婦がカードローン利用の時は闇金業者に要注意!


専業主婦がカードローンを利用する場合は、業者に気をつけなくてはいけません。

中にはヤミ金や詐欺集団もまざっているので要注意です。なぜ専業主婦が要注意なのかといえば、本来は銀行カードローンでしか借りることができないからです。

カードローンで借りることができない人は、借りることができるところに集中します。そこに悪質な業者が集まります。つまり標的になりやすいということです。

これを避けるためには、闇金や悪質業者であることを見破ることが重要です。

少なくとも電話番号が携帯電話の番号で始まる場合は要注意です。貸し金業者として登録が済されていない可能性が少なくありません。

主婦の私も借りてみました!カードローン体験談

「知り合いに借りるよりカードローンで借りたほうが気楽。金利も低いので負担なく返せます」
専業主婦 30代
 
私がはじめてカードローンを利用したのは、10年ぶりの同窓会に参加するためでした。
そのときは子どもがまだ幼稚園児でパートにも出られず、夫の収入だけでやりくりしていたのですが、いつもギリギリで私のお小遣いはナシ。

でもせっかくだからオシャレして出席したいし、美容院やエステも行きたいし、会費は現金徴収だからクレジットカードも使えないし…
最低3万円はいるなあと思って、カードローンを申し込むことにしました。
申し込みから契約まで、申し込み確認の電話以外はネットだけ。あっけないくらいスムーズに済みました。

夫の月収は手取りで25万円くらいで審査が通るか不安でしたが、自分の名義で普通にすんなり借りられました。

それまでは、カードローンってようするに借金だよね?と思ってちょっと怖かったですが、よく考えたらクレジットカードのリボ払いも借金のひとつだし、それどころかクレジットカードのほうが金利が高かったりするんですよね。
利用してみて思うのですが、返済期限さえ守れば、金利も低いしトラブルになることはまず考えられない気がします。

今は子どもの手が離れたので自分で働いてるので余裕がありますが、現金が足りないときはちょくちょくカードローンを利用して、すぐに短期で返すようにしています。
ちょっとの金額でも友だちや知り合いに借りてトラブルになったら面倒だし、カードローンで借りたほうがずっと気楽です。
気軽に借りられるので、今でもかなり助かってます。

「静岡銀行のカードローンを申込み。もっと早く利用しておけばよかったです」
専業主婦 20代
カードローンでお金を借りるのは初めてでしたが、子どもの教育費の補てんのために利用しました。
イオン銀行やセブン銀行、ソニー銀行、楽天銀行など、銀行カードローンはたくさんあってどれがいいかわかりませんでしたが、まずは地元で評判のいい静岡銀行を調べてみることに。
ホームページで5秒診断があったのでやってみると、どうやら専業主婦の私でも借りられそうなことがわかったので本審査を受けて、無事に借りることができました。
確認の電話以外はネットだけで1日で完結。こんなに簡単に借りられるなら、もっと早く利用しておけばよかったです。
ローン専用カードではなくインターネット支店の口座のカードにローン機能をつける形になるので、家族やまわりの人にもバレません。

「auユーザーなら、じぶん銀行で金利がお得に」
専業主婦 20代

もともとauユーザーです。高校時代の友人の結婚式に出るのにお金が必要で、誰にも借りられないしどうやって工面しようかと悩んでいたとき、スマホにじぶん銀行のお知らせメールが来ました。

それまではカードローンの存在自体を知らなかったのですが、カードローンで借りる方法もあるんだ!と気付いて、それからカードローンについていろいろ調べてみました。
今は取り立てもなく安全に借りられること、専業主婦が融資を受けられるのは銀行系のカードローンだけだということ、じぶん銀行ならauユーザーだと金利が0.1%優遇されるのでかなりお得だということがわかりました。

auユーザーじゃなくても借りられますし金利も低いですが、auを使っていたらさらに安くなるのでオススメですよ!

「ATMが多く、無利息期間があるレイクのカードローンを利用しています」
専業主婦 30代

独身時代に消費者金融のカードローンを利用していてすごく便利だったので、専業主婦になってしばらくしたとき、また利用したいと思いました。

でも専業主婦が借りられるのは銀行のカードローンだけなんですね。
色々調べてみて、新生銀行レイクなら180日間無利息で借りやすそうだったので、そちらに申し込むことにしました。
昔は収入証明書の提出とか職場への在籍確認とか、いろいろ面倒だった記憶がありますが、レイクのカードローンは自分の身分証明書だけで、審査も早くてラクに借りられました。

手数料無料の無人契約機や提携のコンビニATMが多くて便利だし、月々の返済額も少なくて済むのでかなり助かっています。
1000円単位で借りられるので、ちょっと5000円足りない…なんて場合も気軽に借りやすいです。

専業主婦カードローン まとめ

収入ゼロの専業主婦でもお金を借りる方法をご紹介いたしましたが、いかがでしたか?

銀行カードローンならお金を使いすぎてしまった時、夫や家族にばれずに
しかも低金利で安心してお金を借り入れすることができるんです。

少し審査は厳しいですが、それが安心の証拠です。
借り入れしたあとの、返済はしっかり計画的に行って賢く活用してくださいね♪

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ